日本国憲法 第23条

      学問の自由は、これを 保証する。

            The Constitution of Japan, Article 23

             Academic Freedom is Guaranteed.


                     A Prelude 序曲:最高裁への陳述書

      同 志社にみる大学院教育の崩壊


     同志社大学 学問の自由 侵害訴訟

     −平成28年(ワ)第2572号 損害賠償請求事件−

                           (原告の主張) 

2016(平成28)年
 5月30日
 神戸地方裁判所洲本支部
   訴状

2016(平成28)年
 8月3日
 神戸地裁から京都地方裁判所に
   移送決定

2017(平成29)年
 1月18日
  準備書面 1 
  「学問の自 由」は 私立大学を含む全ての大学教員に保障されていること     

2017(平成29)年
 1月20日
  準備書面 2
 利潤優先のための 専門外科目担当強要による学問の自由の侵害

2017(平成29)年
 1月23日
  準備書面 3
 手続き違反の科目 担当外しによる学問の自由の侵害
キム・ワレン博士
(国際SD学会元会長)
(甲第35号証の2)
2017(平成29)年
 3月2日
  準備書面 4
 近藤まり(現、飯 塚まり)教授の差別発言による学問の自由侵害

  同志社ビジネススクールへの 国 費留学院生Aさんの陳述書
近 藤まり教授への公開質問状 
「偏った経済学」とは
何ですか?(未回答)
(甲第16号証)
2017(平成29)年
 3月3日
  準備書面 5
  浜矩子研究科 長の違法「8コマルール」適用による学問の自由侵害

2017(平成29)年
 3月6日
  準備書面 6
 浜矩子研究科長の 教授会誤導による学問の自由の侵害

2017(平成29)年
 3月7日
  準備書面 7
 浜矩子研究科 長の博士課程担当依頼握りつぶしによる学問の自由侵害

 TIM(技術・革新的経営)博士課程
  留学院生(自国政府奨学金)Bさんの陳述書(甲第10号証)
  国内院生 Cさんの陳述書(甲第11号証)、Dさん の陳述書(甲第12号証)

2017(平成29)年
 4月14日
  準備書面 8
 学校法人同志 社による「学問の自由権確保義務」違反による損害賠償責任
デニス・クシニッチ
(米国議会元議員)
(甲第34号証の2)
2017(平成29)年
 6月5日
  準備書面 9
  「学問の自由 権確保義務」違反についての整理

2017 (平成29)年
9月20日
  準備書面 10
 被告準備書面(1)に対す る求釈明(その1)
 近藤(現、飯塚)まり教授
 への求釈明等
2017 (平成29)年
9月28日
  準備書面 11
 被告準備書面(1)に対す る求釈明(その2)
 浜矩子教授及び八田英二学長
 への求釈明
2018(平成30) 年
1月26日
 準備書面 12
 これまでの被告の答弁書・準備書面に対する反論と求釈明(その1)

  原告教授の陳述書
 陳述書1(甲第37号証)、陳述書2(甲第38号証)、
 陳述書3(甲第39号証)、陳述書4(甲第40号証)、
 陳述書5(甲第41号証、大阪高裁甲第29号証)、
 最高裁への陳述書(甲第42号証)


近藤(現、飯塚)まり教授らの
学問の自由侵害への再求釈明等

2018(平成30) 年
2月6日
 準備書面 13
 これまでの被告の答弁書・準備書面に対する反論と求釈明(その2)

浜矩子教授及び八田英二学長への
 学問の自由侵害への再求釈明

2018(平成30) 年
  4月11日

 準備書面 14
 主張の整理(その1)
原告主張 (1) (2) (3) (5) の整理

2018(平成30) 年
  4月16日 
 準備書面 15
 主張の整理(その2)
原告主張 (4) (6) (7) の整理
八田英二学長の不作為
2018(平成30) 年
  8月16日 
 準備書面 16
 主張整理案1に対する意見 および 同準備書面に関連する乙第54号証

 ビジネス経済学は原告が2004年のビジネス研究科開学以来、9年間(2012年現在)にわたって講義しており、専門中の専門科目である。2009年の グローバルMBA(英語)の開始に伴い、原告は同内容の英語版講義も担当した。しかるに2010年に途中採用の近藤まり(現 飯塚まり)教授が、突如、原告に上の乙第54号証のメールを一方的に送りつけ、講義担当を強制的に外した。原告との事前協議や講義内容の確認等が全くな かったので、原告は、この不当科目外しを教授会で審議するように要望したが、浜矩子研究科長は、この科目適合性等の審議を頑なに拒否した。そこで原告は八 田英二学長に再三にわたって審議要望をしたが、ことごとく無視された。こんなあからさまな「学問の自由」の弾圧が同志社大学で大学ぐるみで行われたのであ る。
 
 裁判所の主張整理案についての
 原告意見


                         (原告の主張整理)

9 主張整理




  山口 薫 プロフィールページ